山口光市「新築祝いもやっぱり黒伊佐」


9月の連休を利用して、次男坊の住む山口光へ。

新築祝い、ご懐妊祝いと立て続けの「寿」の祝杯をあげました。

鹿児島から持参した、薩摩鶏の刺身と黒豚のアゴ肉。

 

鶏刺し.jpg

けんちょう.jpg


そして次男坊の嫁が作った、山口の郷土料理「けんちょう」鯨とピーマンの炒め物、

そして瀬戸内海の「メバルの煮付け」これだけ酒の肴が揃えば、黒伊佐はぐいぐい進む。

「けんちょう」という山口の郷土料理初めて食べました。

鹿児島でいう、「炒りたくり」のような料理で、豆腐が入っているのが特徴です。

本当のメバル、初めてたべました。鹿児島でも「メバル」と呼ばれる魚いますが、

あれは、ほんとは「ウミブナ」で、まったく違う魚です。

メバルの捕れない鹿児島では、ウミブナはメバルの代用品なんです。

 

黒伊佐.jpg

料理いっぱい.jpg

 

どこに行っても、手に入り、美味しく飲めるのが「黒伊佐」!

1本空にしたところで、明日は、宮島、岩国城とハードスケジュールなので

ダイヤメ終了!最後にもうすぐ生まれてくろ孫に乾杯!