農村ツーリズムの宿「ほうしゅ楽舎」


ゴールデンウィークを利用して、小石原焼窯元のある福岡県朝倉郡東峰村の「春の民陶むら祭」に行きました。
宿泊に利用したのが、農村ツーリズムの宿「ほうしゅ楽舎」です。

 

ランプ.jpg

廊下.jpg


廃校舎を利用して平成16年に作られたこの施設は、古びた木造の佇まいと五右衛門風呂、地元食材を活かした手料理がなんともいえない魅力。
宿泊料もとってもリーズナブルで、しかもなんと、飲み物の持込み自由!
さっそく黒伊佐のワンカップで、いざ、夕餉の席に。

 

料理01.jpg

料理02.jpg


この日のメニューは、煮付け、蕎麦、豚しゃぶサラダ、ほうれん草の胡麻和え、天ぷら等々。
盛付けてある器は、すべて小石原焼です。

 

煮しめ.jpg

てんぷら.jpg

しし汁.jpg


テレビもラジオもなく、ランプとストーブと、時折聞こえるJR日田彦山線の汽笛に、ほどよく酔いが回ります。
こういう時間の過ごし方、かれこれ何十年ぶりだろう。
いい旅になりました。

 

木炭ストーブ.jpg

 

ほうしゅ楽舎

住所 : 〒838-1701 福岡県東峰村大字宝珠山2272-1

電話 : 0946-72-2255

●交通案内

国道211号「宝珠山」信号から県道52号へ約1.0km。(駐車場あり)

大分自動車道杷木インターから車で20分