味噌ちゃんこ鍋とくろいさと甕伊佐錦



朝布団から、なかなか出たくなくなる季節になりました。


こんな日に仕事して凍えて帰ってきた夜は、鍋とくろいさで芯からあったまりたいですね♪


我が家のこの日の食事は、、、、
先日、大相撲九州場所が終わったばかりですが、お相撲さんのソウルフード?!


ちゃんこ鍋。(味噌ちゃんこ鍋)


「ちゃんこ」の由来は
「ちゃん」は父ちゃん,母ちゃんのちゃん。「こ」は子供を意味していて、「相撲部屋の親方と弟子が一緒に食べる料理」という由来もあるようです。
この日はもちろん相撲界と同じように弟子(子)が親方(親)につくるように
母ではなく私が鍋作り当番でした。


早速、くろいさを飲みながら・・・と鍋の準備としていたら
先に飲んでいた父の1杯で丁度くろいさが切れてしまった模様。・・・・ガ―――ン(泣)


落ち込む間もなく最近買った甕(かめ)伊佐錦を思い出す・・・!
くろいさちゃんから浮気してしまいますが
甕伊佐錦初めてデビューしてみました。


甕伊佐錦.JPG

ラベル背景の絵巻が甕(かめ)で3年寝かせた甕伊佐錦の
凝縮された旨みを表しているかの様。

 
 
 

とりあえずストレートに生で一口。

ピリピリ感は全く無くとてもまろやか。
初めの口当たりはさっぱりしてて、ぎゅっと詰まった旨みや香りが後から追いかけてくるような感じ。
お湯割りで飲むと凝縮されている旨みや香りがより引き立ちます。

 


飲みながら食べる派なのですがさらに甕伊佐錦は食べながらではなく
集中してゆっくり飲みたくなります。
食べながら飲むなら、やっぱりくろいさがお気に入りかな!


甕伊佐錦_deco.jpg


本日の我が家のみそちゃんこ鍋は市販のものではなく、手作りで!
にんにく、ダシ昆布、鶏肉がいい味を出してくれるのです。

本来のちゃんこ鍋は「鶏ガラ」でダシをとるのでもしかしてこれは
ちゃんこ風鍋?
鶏入れてるからちゃんこ鍋でいいや!(笑)

 
 
 

今年の冬も鍋とくろいさで体あっためてのりきるぞ~~!