角打ちもいいね!


「角打ち(かくうち)」とは、酒屋で酒を飲むことを言うと思っていたら、

方言辞典によれば、枡で直接酒を飲むこと(福岡・熊本)とか、お金を

出しあって宴をすること(大分)など地域によって微妙に意味が違って

たりするようです。 

 

店先37.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

私は、やはり角打ちといえばおじさんたちが酒屋にたむろしている

イメージがありますが、その角打ちも近頃は女性達にも人気がある

ようです。

 

さて、角打コーナーがあり黒伊佐も置いてあるという情報を元に、私も

西鉄大牟田線大橋駅東口から5分とかからないボーリング場の隣にある

「赤木酒店」へ行ってまいりました。

ところが、確認もせず唐突に出かけていってみれば、肝心の黒伊佐が

角打ちコーナーのメニューには
入っていなかったのです。


あっちゃ~~~っ!Yell


というわけで、仕方なく他の焼酎を飲むことになりました。

但し、操をたてて芋ではなく米にしました。Tongue out

 

 

バー.jpg
ワイン、リキュール、焼酎、清酒などありとあらゆる
酒が並ぶ

陳列棚や陳列ケースなどがある店内の一番奥にあった

角打ちコーナー。

 

チケット25.jpg
お店に入るとレジでまず1000円(100円×10枚)の
チケットを購入。

 

 

 

鴨のカナッペ31.jpg ナスのグラタン22.jpgのサムネール画像


鴨のカナッペ、博多ナスのブルゴーニュ風などちょっと洋風つまみがおしゃれ。

 

全て100円単位で明朗会計。

こじんまりとして、つまみもちょっと洒落てて、女性一人でも気軽に行けそうな

角打ちコーナーでした。

椅子に座るテーブル席も外にありました。

 

黒伊佐.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

帰りには黒伊佐を一本購入。


次は家飲みといきますか!

 

 

Smile赤木酒店
福岡市南区塩原4-13-21
092-551-3636

角打ちコーナーは《17:00~23:00》です。

 


大きな地図で見る